テッド

評価:★★★★(4.0)

「雷兄弟」

アメリカンジョーク×ブラックジョークという形に収まらない作品だと感じました。

命が吹き込まれたクマのぬいぐるみのテッド。
友達にもいじめられひとりぼっちだった少年ジョン。
雷兄弟(よくわからないけど…。)としてともに成長していく。
それもずっと2人だけの世界で生きてきたからなのか変な方向に…。
ジョンにも彼女ができるが、テッドも彼女もジョンの大事な存在。
それからおかしな三角関係が始まっていく。
途中、人気者となったテッドを欲しがる不気味な親子が現れて…。

ハチャメチャなテッドだけどいつもジョンの事を想っている。
だから憎めないのかな。
ジョンとテッドのケンカのシーンが一番好きです。

Related Posts

関連する記事はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください