SHERLOCK S3

評価:★★★★★(5.0)

シャーロックがどんなトリックを使ったのか、いろんなサイトの考察を見回りました。

episode 1. 空の霊柩車 @AXNミステリー
ジョン・ワトソンと再会するシーンが面白かったです。
レストランでサプライズを仕掛けるため、いろんなものを借りて華麗に変装していくシャーロック。
イメージにない、おちゃめな一面を垣間見ました。
そんなシャーロックとは対照的に怒りMAXのジョン。
生きてたら連絡ぐらいしてほしい。
殴られるのも当然ですね。
ましてやシャーロックとジョンの仲ですし。

シャーロックのファンたちが集まってトリックを考察。
ラストでシャーロックが語ったトリックの種明かしは本当なのかな?

episode 2. 三の兆候 @NHK BSプレミアム
ジョンの結婚式と未解決事件。
複雑すぎて頭で整理できてません…。
シリーズの中でも好きなエピソード。
ベストマン(付添い人)を頼まれたシャーロックが面白かったです。
細かいところまでチェックする所が彼らしい。
結婚式でのスピーチ、いい事を言ったり場の空気を悪くしたりとアップダウンが激しかった。
最後、役目を終えて、ひとり外に出て行くシャーロック。
カッコよかったです。
やっぱりモリーはシャーロックをいつも気にかけてる。

episode 3. 最後の誓い @NHK BSプレミアム
新聞社のオーナー、チャールズ・アウグストゥス・マグヌセン。
情報を仕入れ、相手の弱みを握ることに快感を覚える男。
その情報量は半端ない。
第1話でジョンを拉致した事件の黒幕。
シャーロックがある議員の依頼を受けたことからマグヌセンを相手にすることなる…。

カメラワークと映像が一番、際立った気がします。
ジョンがいつも振り回される。
自分が選んだのだからってかわいそう…。
第1話と2話の細かい描写が繋がって、思ってもいなかった展開に。
最後に一言、会いたかったと返しておきます。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください