ワイルド・カード

評価:★★★☆(3.5)

「相棒」

悲惨な事件を題材にした韓国映画は、残酷で見るに耐えないシーン多いイメージでした。

でもこの作品はコミカルな要素が高いです。
シリアスなシーンとのバランスもよかった。
検問と称してナンパする刑事。
規則に守らずに発砲した過去がある刑事。
このコンビを中心に連続通り魔事件の捜査を描いてます。
おバカなチンピラ集団と出前を届ける人が面白かったです。

Related Posts

関連する記事はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください