ヴェニスの商人

評価:★★★☆(3.5)

ユダヤ人を演じたアル・パチーノの悲哀感が素晴らしかったです。

タイトルの「ヴェニスの商人」はシャイロックを指してるのではなく、アントーニオの事だと後で知りました。

シャイロックの目線で観たので、非情な条件を丸呑みしたアントーニオにも何かを科してほしかった。
シェイクスピアだから哲学的な言葉が多くあり良かったです。

Related Posts

関連する記事はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください