ターネーション

評価:★★★★(4.0)

「残酷な現実」

自分史のドキュメンタリーですが、
主観と客観のバランスが良かった。
脳の中に案内されたような作品。

苦悩しながらも興味が湧いた世界には躊躇なく踏み出す。
残酷な現実を自分で切り開く様が素晴らしい。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください