ライディング・ザ・ブレット

評価:★★★(3.0)

「這い上がるための二者択一」

幻覚なのか、何かの暗示なのか。
天使と悪魔、死神のような人物が出てきたりして不気味な作品。

そんな雰囲気だけど、人生を悲観してる男が、どん底から這い上がっていく様を見ているように感じました。
最後の二者択一は選べないけど…。

Related Posts

関連する記事はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください