希望の国

評価:★★★★★(5.0)

「警鐘」

ただ単に原発批判の作品だと書いてある人もいましたが、
僕は違う受け止め方をしました。

自分の考えを踏まえて行動する人が少なくなっているうえに今はいろんな方向から情報が入ってくる時代。
そんな時代に警鐘を鳴らしている作品だと感じました。

ひとつの情報によって無意識に同じ方向に向いてしまうのは仕方ないが、
少し立ち止まって考えなければならない。
自分自身や家族で出した答えに納得してとった行動は誰も批判する事はできない。
たとえ悲しい結果になっても…。
うまく書けないけど、そんな感じかな。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください