それでも恋するバルセロナ

評価: ★★★☆(3.5)

最初は自由で行動力があるクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)にちょっとコワさを感じ、
婚約者がいるヴィッキー(レベッカ・ホール)にもっとコワさを感じ、
最後にフアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)の元妻、マリア(ペネロペ・クルス)に爆弾的なコワさとオーラを感じました。

僕的にフアン・アントニオが何故そんなに魅力的なのか全然わかりませんでしたが、
スペイン・バルセロナという所と彼が放つ言葉ひとつひとつと気遣いさにあったかもしれません…。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください