サッド ヴァケイション

評価:★★★(3.0)

「Helpless」から約10年が経った後を描いている作品です。

白石健次は中国人の密航の手伝っていたが、
運転代行に転職し、酔っぱらった客を乗せ間宮運送まで送った。
そこで自分を捨てた母親を見つける。
いろいろな事情を持っていそうな人達が働いている間宮運送に健次も働き始めるが…。

ただ単に自分を捨てた母親への復讐を描いた作品なのか、
他に何かありそうな感じもするし、僕的にはよくわかりませんでした。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください