深紅

[amazonjs asin=”B000BQ5L2U” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”深紅 DVD”]

家族を惨殺された奏子と加害者の娘、未歩。
奏子は小学校の修学旅行に行ってて助かったが、8年たった今でも同じ場面をたびたびフラッシュバックのように現れていた。
奏子は未歩が働いているバーをつきとめて仲良くなるが...。

被害者と加害者の家族はどちらも傷心し、被害者は殺してやりたいとかそういう気持ちがわいてくるとのは当たり前だと思うし、加害者の家族は何もできないと僕的に思います。
疑問に感じたのは何故タイトルが深紅なんだろう?と。
原作を読めばわかるかな?

Related Posts

関連する記事はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください