のだめカンタービレ 最終楽章

千秋は常任指揮者するが、
演奏者の多くが別の仕事を持っていて苦労していた。
のだめはピアノの練習をしていた。
シュトレーゼマンはのだめを心配していた...。

のだめと千秋のかけあいがやっぱりおもしろかったですが、
なだぎ武やベッキーやウエンツも個性的でよかったです。
ドラマに出演していたキャストもちょっとだけ出演してました。

Related Posts

のだめカンタービレ 最終楽章」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください