ユメ十夜

夏目漱石の「夢十夜」を10人の名だたる監督が描いたオムニバスです。

僕的に一度だけ観ても理解できない作品や、
逆にわかりやすい作品などもありました。
原作が短編小説だからショートに収めることは、
難しいことじゃないかもしれませんが、
監督それぞれが感じた解釈を独創的な映像をショートに収めるのは、
僕的には凄いことだと思います。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください