幸せの1ページ

評価:★★★★(4.0)

対人恐怖症で外出できない女の冒険小説家。
孤島で暮らす父娘。
海洋生物学者の父が海に出て2、3日は帰ってこない。
娘は友達のトドとトカゲ(と思います…。)と、
父の帰りを待っていた。

ある日、父のメールを見て助手ですと返してメールをやりとりを始める。
彼女はメールを見て子供だと気付く。
娘は父と音信不通になり彼女にSOSのメールを送る。
自分の書いた冒険小説の主人公のアレックス・ローバーが具現化し、
言い合いをしながら彼女は孤島に助けに行く決心をする…。
娘の友達のペリカン(と思います…。)も活躍します。
ファンタジックな作品で面白かったです。

Related Posts

関連する記事はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください