ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン

麻薬の売人をしていた母親が殺され母親と同じように麻薬の売人になった少年がラッパーになるまでの壮絶な半生を描いた作品です。

実在するラッパーの人の半生を描いているみたいです。
周りの人達に恵まれてるとはいえないかもしれないが、
諦めかけたときに夢を後押ししてくれた人がいたからなれたんだと思います。

Related Posts

関連する記事はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください