きみに読む物語

評価:★★★★☆(4.5)

こんなにドラマチックな物語じゃないとしても、
誰にでも物語がある。
大切な人と過ごした時間、共有した出来事を書き残しておくのはいいことだなと思いました。
わたしの記憶が薄れてきたら読んでほしいとお願いしていたのか、
どちらか一方がこういう状態になったらとお互いに約束していたのかはわからない。
けれど、素敵な約束をしていたのには変わりない。
戻ったとしても一瞬かもしれない。
また自分を忘れてしまうかもしれない。
そう思いながら、いつ訪れるかわからないその時まで続けられるだろうか。

Related Posts

関連する記事はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください